モラハラ旦那が嫌いで仕方ない!モラ夫の特徴や仕返し方法は?

ここ数年の間に出てきたモラハラという言葉。

最近では、インターネットで「モラハラ旦那」と検索すると、たくさん体験談がでてきます。

なんと、調べてみると自分の旦那がモラハラ旦那と気づいてない人も多いようです。

 

あなたの嫌いな旦那はもしかして、モラハラ旦那ではないですか?

今回は、モラハラ旦那の定義や特徴、対処法や仕返し方法をお伝えしていきます!

あなたの旦那もモラハラしてるかも?モラハラの定義や特徴

国語辞典によると、モラハラの定義は

「暴力は振るわず言葉や態度で嫌がらせをし、いじめること。精神的暴力、精神的虐待」

です。

 

言葉の暴力や無視、常にイライラする、舌打ちということもモラハラに含まれます。

表面上は良い旦那、優しいとみられがちではありますが、家庭内になると豹変なんてことも珍しくありません。

 

また、妻がモラハラされていることに気づいてないということもよくあります。

そんなモラハラ旦那の特徴を挙げていきます。

どこの家庭にも簡単に起こりえることです。もしかしたら身に覚えがあるかもしれません。

モラハラ旦那のよくある特徴1:暴言を吐いたり、人格否定をする

暴言と聞くとあまり当てはまらないように感じますが、「口が悪い」というといかがでしょうか。

モラハラをしてしまう原因の一つに家庭環境があります。

 

旦那は「子どもの頃、父親の口が悪く、そのまま受け継いでしまっている・・・」という話はよく聞きませんか?

運転中やすれ違いに肩が当たってしまった、などのときに、まさしく暴言を吐くような場面が見受けられるのであれば要注意です。

 

暴言とはいかなくとも、旦那に人格否定をされていることはないでしょうか。

人格否定とは、「独立した個人としてのその人の人間性を否定すること」として言い換えることができます。

つまり、人間性を否定することですね。

 

具体的に、「お前は俺がいないとだめだ」「それくらいもできないの、頭悪いよね」などの発言。

また、面と向かって言われなくとも人前でばかする発言も人格否定になります。

モラハラ旦那のよくある特徴2:プライドが高い

モラハラ旦那は自分に対する評価が異常に高いのも特徴の一つです。

「俺が正しい、偉い。」と謎に確信しています。

 

逆に、自分以外の人をすべて見下している傾向があります。それは妻に対しても然りです。

なので、「人をほめることができない」ことや「自分が悪くても問題のすり替えや責任転換」をします。

 

特に妻に関しては「自分が妻より優秀であると信じて」おりそれゆえに見下す発言をすることにつながるのです。

モラハラ旦那のよくある特徴3:自分の非を認めない

プライドが高い故に、自分が間違ったことをしたという思考回路には、至らないのがモラハラ旦那の特徴です。

「謝る」ということをしません。

 

どちらが悪いでもなく考え方の相違で言い合いや喧嘩になること、ありますよね。

そんなとき、どのように仲直りしていますか。

毎回自分が謝ってばかりと心当たりがあるようであれば、モラハラ旦那かもしれません。

モラハラ旦那のよくある特徴4:支配しようとしてくる

モラハラ旦那の基本的な考え方は「俺が正しい、悪いのは妻」です。

その考えを妻に植え付けようとします。マインドコントロールです。

 

人間は、ずっとマイナスなことを言われていると、「悪いのは自分だ」「自分が我慢すればいい」という心情になってしまいます。

ましてや、外面のいい旦那であれば閉鎖的な家庭の中で、モラハラ旦那と気づかずに過ごしているケースも少なくありません。

 

一度きりの人生です。こんなくずのために辛い思いするのはもったいないと思いませんか。

まずは気づくということが第一歩です。

モラハラ旦那への対処方法や仕返し方法は?

ここまで読んでいかがでしたでしょうか。

もはや「モラハラ旦那」は他人事ではないと感じた方も多いのでしょうか。

ここからは、対処方法や仕返し方法を紹介していきます。

モラハラ旦那にモラハラしていることを指摘する

「自分は悪くない」と思っている旦那に、「モラハラしていますよ」と知らせ自覚してもらうことで改善することがあります。

妻にモラハラしている旦那は外でもしている可能性が高いです。

他人にわざわざ指摘することもないので指摘するとすれば家族になるでしょう。

 

ただ、幼いころからついた習慣、考え方でもあるため、自覚した際に、旦那自身のアイデンティティに傷がつき不安定になる可能性もあります。

非常にハイリスクです。

旦那のタイプにもよりますが、見極めて指摘することも選択肢のひとつではないでしょうか。

モラハラ旦那の理不尽な要求は聞かない

モラハラ旦那の妻は「自分が悪いのだ」とマインドコントロールされていることが多いので、頑張りすぎてしまっていることが多々あります。

しかし、モラハラ旦那の要求は理不尽なので、いくら頑張ったところで認められることはありません。

時間の無駄です。

 

自分の旦那がモラハラ旦那だと気づいたら、頑張らないことを意識して自分のために時間を使うようにしてくださいね。

モラハラ旦那を相手にしない

モラハラを直すことは難しいといわれています

旦那との会話、対応にエネルギーを使うより、自分が楽しいと思えることをするべきです。

 

言い返すと、さらに面倒なことになるので、基本的にそのままオウム返しをします。

  • モラハラ旦那「お前はダメな奴だ」
    あなた「ええ、そうですね」
  • モラハラ旦那「誰のおかげで暮らせると思っているんだ、寄生虫」
    あなた「ええ、寄生虫させていただいております」
  • モラハラ旦那「どう思う?」
    あなた「え?ん~どうかなあ~」

と、テンプレート回答や当たり障りのない返しをして適当に流します。

 

そして、貴重なエネルギーは将来の自分のために、今の自分のために使いましょう。

モラハラの証拠を集めておく

今すぐ離婚はしなくとも、将来の自分のために証拠を集めておくことも手です。

今はスマホも簡単に録音できます。モラハラ発言の内容を、録音で撮り溜めておく。

毎日日記をつけ、その中に発言内容も細かく記しておくなども証拠になります。

 

「経済的に自立ができない」ということで離婚まで至らないケースも多いようですが、着々と準備を進めることもストレス解消にもつながります。

モラハラ旦那とは別居する

モラハラのある家庭で育った子どもはそれを当然と感じてしまい、真似するようになります。

養育環境にも悪いのです。

 

また、旦那が妻のことを子どもにも悪くいうと、子供は外に漏らします。

例えば、旦那の「妻は悪い、できないから困っている」という発言を、そのまま義理母に話すとどうなるでしょうか。

さらに親戚間の印象も悪くなり余計立場も弱くなります。

 

モラハラ旦那と暮らすことは自分だけでなく子どもにも影響します。

改善を見込めない場合、別居も1つの手段でしょう。 

モラハラ旦那に隠れて浮気する

自分の周りで認めてもらえる環境がないと、つらいですよね。

ただ、モラハラ旦那に隠れて浮気をすると自分自身が不利になり、悪循環になってしまう確率が非常に高くなります。

 

それでも、ドキドキときめくことで活力になることはありますよね。

たまにお茶をしたり、連絡をとったりということで満たされることもありますよね。

プラトニックな関係であれば法的には問題ないのかもしれません。 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ちなみに私自身は心当たりがありすぎて、「私の旦那はモラハラ旦那」だと確信しましたw

これからモラハラ発言を随時チェックしていこうと思います(笑)

 

イライラすることも、ゲーム感覚でチェックして攻略できたら少しはマシになるかもしれないですね。

皆さんも、モラハラ旦那の理不尽な要求、態度にくれぐれもお気をつけください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です